• メールマガジン
  • お問い合わせ
  • Contact us
  • ファクトリーマーク

ベルギーコラム

Vol.02 グルメなベルギーの‘家庭の食卓’

おいしいものに目がないベルギーの人たちは普段の食事にも手を抜きません。「おいしいものを食べるために生きているんだよ」なんて言葉がごく自然に聞こえてくる食いしん坊のお国柄です。

食べることは生きる楽しみ!

ベルギーのレストラン

ベルギーにあるレストランがどこもおいしい料理を出すのは、ベルギー人がおいしいものだけを好むから。家庭料理の水準が高いからこそ外食にもさらなる美味を求めるのだと言えるかもしれません。そのおいしさの秘密は素材のよさと伝統の料理法。北海でとれる海の幸、ベルギー南東部に位置するアルデンヌの森でとれる山の幸、そしてフランス料理を基本としたていねいな調理が食卓を支えています。

野菜たっぷりのグラタン

ベルギーの食材たち

家庭料理として人気が高いのはグラタン。ジャガイモやカリフラワー、芽キャベツなど旬の野菜をたっぷり入れるのがベルギー流グラタンです。グラタンの具として野菜を入れるというよりは、おいしい野菜をたっぷり食べるためにソースをかけてオーブンで焼くというイメージです。

煮込み料理も定番レシピのひとつです。休日なら牛肉や豚肉、羊肉を水からコトコト煮込んでスープにし、野菜を何種類も入れてさらにじっくりと煮込みます。シチューとして食べるほか、野菜や肉を取り出してメインディッシュとし、スープは別にいただくという食べ方もポピュラーです。ミートボールの煮込みも人気メニュー。ごろりと大きめのミートボールにトマトソースやクリームソースをたっぷりかけていただきます。レストランでもよく見かけるビール煮は家庭でも登場します。

野菜や魚を売っている屋台

家庭でもレストランでも日常的に供されるのが「フリッツ」と呼ばれるフライドポテト。日本のハンバーガーショップで見かけるフライドポテトよりもずっと太く大きくて、添え物としてではなく主食として山盛り食べるのが普通です。フリッツ専用のフライヤーを持っている家庭も多く、毎日の暮らしになくてはならない名脇役。

ケチャップやチリソースなど好みのソースを合わせればランチのメインにもなります。ベルギーの人たちはフリッツこそ正統な揚げジャガイモだと考えていて、「細いフライドポテトなんて信じられない」のだとか。

最後はやっぱりデザートで

家庭でのデザート

家庭での食事であってもデザートも省略しません。アイスクリームやシャーベット、ケーキなど、ちょっとしたスイーツを楽しみます。

もちろんワッフルも登場します。家庭で作られるのは、街角で売っているリエージュワッフルより少しやわらかで甘みが少ないブリュッセル風のもの。チョコレートやフルーツソース、アイスクリームをトッピングしていただきます。たいていの家庭にもワッフルを焼く型があると言われるベルギーでは、ワッフルのレシピもそれぞれ。家庭ごとに違うお母さんの味なのです。

PAGE TOP